予約システムって何?仕組みを解説

予約システムの仕組み

>

デメリットはあるのか

ドタキャンが起こる

ここで、ご紹介するデメリットは、ドタキャンが起こってしまう、ということです。
もちろんこれは、普通に電話などで予約する場合にも起こります。しかし、実際に話をしない予約システムでは、電話よりも罪悪感がなく、結構簡単にドタキャンをしてしまうかもしれません。
予約システムとともに決済システムを導入する必要がありますが、導入することで事前に決済をすることができるようになります。クレジットカードで事前に支払えるように設定しておけば、お店に来ていただいた際に支払わなくても良いので、お互いに時間の節約につながります。また、お金を事前に支払うので、ドタキャンや時間になっても来ない、なんてことを防げる確率が上がります。そのように対策することが必要かもしれませんね。予約システムを導入しようと考えていらっしゃる方は、是非、決済システムを導入するなど対策をして、ドタキャンを防いでくださいね。

運用に時間がかかる

予約システムを導入しても、今までの予約の取り方とは全く違うので、最初は慣れるまではとても戸惑ってしまうケースが多いです。予約システムの操作方法や、運用方法を理解するだけでなく、それを実際に運用していくスタッフに教えないといけません。そのため、導入してもなかなかすぐには使えないことも多いです。サロンや病院などは自分のお店で予約システムを管理・運用することが多いので、注意が必要かもしれません。
対策としては、予約システムを管理・運営をするスタッフを用意することが良いのではないかと思います。最初だけでも良いので、人員に余裕があれば、検討してみては良いのではないのでしょうか。担当者を決めることで、わからないときは聞けますし、引き継ぎなどで知識のばらつきを防ぐことができます。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる